「女性が活躍する会社」J&Jが1位

「女性が活躍する会社」J&Jが1位

「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と「日経ウーマン」は、「企業の女性活用度調査」を実施しました。

2018年度版「女性が活躍する会社ベスト100」によると、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループが1位、2位は住友生命保険、3位はJTB。
育児や介護と仕事の両立支援だけでなく、女性の活躍を進める研修、また残業時間の削減などに注力している企業が評価されました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループは、前回は7位でしたが順位を上げました。研修などを通じて、性別や国籍など多様性を受け入れる環境づくりを推進しており、同社グループで初の女性社長が誕生するなど、女性リーダーの活躍も目立っています。
住友生命は、トップダウンで働き方改革に取り組んでいます。主な取り組みとしては、午後20時にパソコンを強制的にシャットダウンしたり、持ち帰り残業ができないように工夫しています。

JTBでは、女性の課長職比率が約4割と高くなっています。4月には女性の執行役員を配置しました。
5位は花王グループ、6位はセブン&アイ・ホールディングスなど、10位以内の企業は大手の小売業が目立ちました。
花王や資生堂は女性管理職の登用に積極的であり、セブン&アイ・ホールディングスは祝日限定で社内保育サービスなどを備えており、仕事と育児を両立しやすい環境を整備しています。

テレワークなどの導入が進み、柔軟に働ける環境づくりが広がっています。全回答企業の1人当たりの総労働時間は、平均で年1976・9時間となり、昨年比で5・8時間減少しました。

【女性が活躍する会社】  
 
順位 企業名 (総合点) 
1 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ (76.8) 
2 住友生命保険 (76.6) 
3 J T B (76.6) 
4 パソナグループ (76.5) 
5 花王グループ (76.3) 
6 セブン&アイ・ホールディングス (76.1) 
7 日本アイ・ビー・エム (75.8) 
8 イ オ ン (75.7) 
9 資 生 堂 (75.3) 
10 リクルートグループ (75.2) 

(出典:2018年度版「女性が活躍する会社ベスト100」)

[参考記事:2018/05/06 日本経済新聞]

 名著「ビジョナリーカンパニー」でもお馴染みのジョンソン・エンド・ジョンソンが、女性活躍においても評価されました。
働き方改革、ワークライフバランスという言葉をよく耳にするようになりましたが、これは仕事とプライベートをきっちり分けるとか、プライベートの方を優先させるとか…ではなく、プライベートと仕事の「相乗効果」を図るものなんですよね。プライベートを充実させることで、仕事の効率やパフォーマンスを高め、成果を出す。少子高齢化が進む日本社会で、「時間当たりの生産性をいかに高めるか?」は大きな課題です。

 

お店づくりでお悩みではありませんか?

マーケティング理論やフレームワークに当てはめるだけのご提案はいたしません。
一人一人の経営者様が自ら自信をもって前に進めるよう実践的なサポートを行っております。
店舗開業・改善、事業の方向性、経営理念でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 ミラ・プランニングとは?
ミラ・プランニングへのお問合せ

 オフィシャルHP
 facebookページ
 YouTubeチャンネル 
 Udemyページ