メルカリ「3年で1000人の技術者体制を目指す」

メルカリ「3年で1000人の技術者体制を目指す」

4月9日に開催された「日経産業新聞プレミアムゼミナール」(日本経済新聞社主催)にて、メルカリの山田進太郎会長が登壇しました。
facebookの個人情報が流用されたことも言及し、「規制には限界があるが、テクノロジー会社が自主規制に力を入れ、社会の公器となるべき」と話しました。

フリマアプリ「メルカリ」のダウンロード数は、日米英を合計すると1億件を超えます。
2013年より事業がスタートし、誰でも手軽に売買できる手軽さから、若者を中心に拡大しました。
一時は現金や盗品が出品されるなどの問題が発生し、現在は不正出品防止のためAIなどで管理がされています。

山田会長はさらに「3年間で1000人の技術者体制を目指す」と述べ、健全性、安全性に力を注いでいます。
今後も国内海外ともに優れた人材を発掘、育成していく考えを示しました。

[参考記事:2018/04/10 日本経済新聞]

 メルカリ、一気に事業拡大しましたね。
ネットでの売買は便利なものの、情報流出の防止、規制を行き渡らせるには相当な技術導入が必要です。トラブルが起こる前にどれだけ防ぐことができるか。いかに安全にサービスを提供していくかは、事業規模に関わらずデジタル社会の現代、課題ですね。

 

お店づくりでお悩みではありませんか?

マーケティング理論やフレームワークに当てはめるだけのご提案はいたしません。
一人一人の経営者様が自ら自信をもって前に進めるよう実践的なサポートを行っております。
店舗開業・改善、事業の方向性、経営理念でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 ミラ・プランニングとは?
ミラ・プランニングへのお問合せ

 オフィシャルHP
 facebookページ
 YouTubeチャンネル 
 Udemyページ