マクドナルドがビッグマックキャンペーン。ユニクロコラボも

マクドナルドがビッグマックキャンペーン。ユニクロコラボも

日本マクドナルドは、4月14日よりビッグマックの大規模販促キャンペーンを始めます。

ビッグマックがアメリカで誕生して50周年を記念したもので、限定バーガーや有名ブランドとのコラボレーション商品を発売します。
日本初の限定バーガーが18日から5月上旬まで期間限定で販売。「ビッグマックベーコン」450円と、「ビッグマックBLT」490円の2品です。

コラボ商品では、ファーストリテイリング「ユニクロ」とのコラボ「クーポンTシャツ」(1,500円)を4月23日より発売します。全国のユニクロ店舗、ユニクロ公式オンラインストアにて販売され、マクドナルド店舗に着ていくと、ビッグマックのセットが100円お得になります。
さらにビッグマック柄の腕時計「Gショック」(カシオ計算機)も限定で販売されます。他にも顧客参加型のキャンペーンが実施されます。

日本マクドナルドは、2014年に中国工場で期限切れ鶏肉を使用したとされる問題で、店舗の大量閉鎖など追い込まれました。
その後は「グラン」シリーズなどメニューを刷新したり、店舗改装によりクリーンで快適な店づくりを進め、顧客の満足度を向上。今年3月まで28ヶ月連続で既存店舗の売上は前年同月比を上回っています。一時はピーク時から1,000店舗が減り現在は約2,900店舗となっていますが、2018年12月には10年ぶりに純増する見込みです。

[参考記事:2018/04/13 日経MJ]

 一時はチキンマックナゲットの鶏肉期限切れ問題により、どうなることかと思われたマクドナルドですが、見事に復活しました。しかもわずか3年ほどで!です。この問題以降、マクドナルドは原材料の調達先の見直し、加工国や原産国の公開など、食の安全・安心に対する信頼回復に向けた施策を中心に取り組んできました。真摯に商品・サービスの提供をしていくのは企業としての責務ですが、加えて顧客ニーズの変化を読み取り、メディアにも多く取り上げられイメージUPを図ってきた成果が出てきたようですね。

 

お店づくりでお悩みではありませんか?

マーケティング理論やフレームワークに当てはめるだけのご提案はいたしません。
一人一人の経営者様が自ら自信をもって前に進めるよう実践的なサポートを行っております。
店舗開業・改善、事業の方向性、経営理念でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 ミラ・プランニングとは?
ミラ・プランニングへのお問合せ

 オフィシャルHP
 facebookページ
 YouTubeチャンネル 
 Udemyページ