コカ・コーラがチューハイを発売。「檸檬堂」ブランド

コカ・コーラがチューハイを発売。「檸檬堂」ブランド

日本コカ・コーラは5月28日に、初の缶チューハイ商品を発売します。

製造は山口県の果汁飲料メーカー「日本果実工業」に委託し、「檸檬堂」をブランド名として九州地域限定で販売を開始します。
コカ・コーラグループは今年3月に酒類事業への参入を発表していました。

5月には3品目を販売します。
・塩レモン(アルコール度数7%)
・定番レモン(アルコール度数5%)
・はちみつレモン(アルコール度数3%)
350ml入りで、希望小売価格は各150円(税別)となります。

アメリカのコカ・コーラグループは現在、自社ブランドの酒類製品を世界でも販売をしていません。九州での缶チューハイの販売はワイン事業(1980年代撤退)以来となります。
今回の缶チューハイ「檸檬堂」シリーズは、九州以外の地域での販売は未定となっています。

日本の缶チューハイ市場は伸びており、キリンによると缶チューハイの2017年の市場規模は前年比9%増。106万㎘にもなります。ビール系の飲料からチューハイへ移行している消費者も多く、今後も拡大が予測されます。

[参考記事:2018/04/16 日経MJ]

 コカ・コーラがついにお酒の販売を開始します。現在は若い世代でビール離れが進んでおり、チューハイの需要が伸び続けています。「檸檬堂」ブランドとして、すっきりさわやかな商品。これからの暖かい時期に飲みたくなりますね。九州地方での人気と製造体制が安定したら、関東地域でも販売されることを期待したいと思います。と、本日はお酒の話題でした。私はビールも大好きです◎(普段はワイン派!)

 

お店づくりでお悩みではありませんか?

マーケティング理論やフレームワークに当てはめるだけのご提案はいたしません。
一人一人の経営者様が自ら自信をもって前に進めるよう実践的なサポートを行っております。
店舗開業・改善、事業の方向性、経営理念でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 ミラ・プランニングとは?
ミラ・プランニングへのお問合せ

 オフィシャルHP
 facebookページ
 YouTubeチャンネル 
 Udemyページ