企画を考えることが楽しくなる「エスキス」とは?

企画を考えることが楽しくなる「エスキス」とは?

アイデアや企画を練る時に、頭の中だけで考えていませんか?
ぜひ紙に描きながら、手を動かしながら考えてみてください。より具体的に、そしてワクワクする企画にするために、おすすめの方法があります。
今回は美術、建築業界ではおなじみの用語、「エスキス」についてご紹介します。

 

エスキスとは?

エスキス【esquisse】

  下絵。スケッチ。見取り図。

出典|三省堂

エスキースとも言うのですが、元はフランス語です。
エスキスは美術用語であり、簡単に言うと絵画などを描く際のラフスケッチのことです。
また、建築の図面を描く前の段階のラフスケッチもエスキスと言います。
今回は建築の場合を元に、エスキスについてご紹介していきます。

 

試行錯誤するためのエスキス

エスキスのやり方は特に決まっていません。
スケッチブックやクロッキー帳、また方眼紙を使うこともあります。またアイデアが沸いているときには何かの裏紙でも良いです。自由に図を描いたりして構想を練っていきます。
コンセプト等も思いついたらキーワードでメモしていくなど、自由に書き込んでいきます。
ポイントは、頭の中に思い浮かんだものを躊躇なく描き出してみることです。まず描き出してみて、そこからどう組み合わせ、どう実現可能な形にするのか、紙の上で試行錯誤を重ねていきます。

 

方向性を決めるためのエスキス

エスキス段階では、定規をあてずにフリーハンドで描き込んでいくことが多いです。
きちっと決めずに自由に線をひいたり、レイアウトや間取りのボリュームを決めていきます。
沢山の線でだんだん紙が黒くなってくるでしょう。
建物であればどんな設計にするのか、導線、間取り、面積、どんな使い方をするのか?どんな人が利用する場所になるのか?様々な要素を踏まえて決めていきます。

このエスキス段階をしっかりと踏むことで、方向性が定まり、その後の図面作成や設計がスムーズに進んでいくのです。

 

いかがでしたか?
今回は「エスキス」についてご紹介しました。
ビジネスにおけるアイデア出しや企画でも、ぜひ紙に描き出しながら考えてみてください。手を動かし描き出してみることで、理想の完成イメージが明確になってきます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

お店づくりでお悩みではありませんか?

マーケティング理論やフレームワークに当てはめるだけのご提案はいたしません。
一人一人の経営者様が自ら自信をもって前に進めるよう実践的なサポートを行っております。
店舗開業・改善、事業の方向性、経営理念でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 ミラ・プランニングとは?
ミラ・プランニングへのお問合せ

 オフィシャルHP
 facebookページ
 YouTubeチャンネル 
 Udemyページ